スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

はじめに思いついたシーンは、
青空の下、道の両側に漫画家がずらりと並んでいて、呼び込みしながら自分のコミックスを売っている、
そんな青空市のようなものが出来たら素敵だなぁ……、なんていう、まさに夢の世界でした。



ここは創作オンリーイベント「COMITIA(コミティア)」内で活動する「まんが屋部」の部室(ブログサイト)です。

「まんが屋部」は2010年5月4日開催の「COMITIA92」より活動を開始した、まだできたての部活です。
“部活”とは、趣味趣向の同じ者同士が集まって「COMITIA」の中で企画参加する団体活動のことになります。



「まんが屋部」のスタンスは、

“漫画家が、自分で自分の作品を手売りする” です。


発起人はいち漫画描き・梅川和実(うめかわかずみ)です。自分の本を書店で見かけないことから、直に手に取り、見てもらえる空間をなんとか創れないものかとずっと考えていました。
私は本を買う時、書店に並んでいる本を見比べて購入します。そこで新しい発見があったりします。
ですがその場にない本は、そういう機会に恵まれません。
取り寄せてまでして買ってくれる人は稀ですし、私の名前などを知らなければ注文できません。
ネットの書店も検索してもらわねばならないので、また然りです。


そんなある時COMITIAでは商業コミックスの販売もできると知りまして、思い切ってここに自分のコミックスを置く場所を創ってみようと思ったのでした。

ご縁に恵まれて、「まんが屋部」は誕生しました。
漫画家の方、COMITIAで自分の商業作品を手売りしてみませんか?

目指すのは、自分の本が置いてある場所を創ることです。


漫画家は読んでくれる人がいなければご飯が食べられません。
普段家で黙々と作業をしていると、読んでいる人がいるのか不安になったりします。
そんな時、読者が、たった一人でもいるのだと分かると、たちまち元気が沸いてくるものなのです。

漫画家の中には、今迄読者の生の声を一度も聞いたことがない人もいるのではないでしょうか。
読者の方と直接お金のやりとりをして、どんな人が自分の本を見てくれるのか、分かる世界がここにはあります。
それは漫画家にとって、かけがえのない宝物だと思うのです。


今回この部活動をはじめるに当たり、いろいろな方に相談させていただき、助言をいただきました。
本当に感謝しています。
先がどうなるの分かりませんが、一人でも多くの人に読んでもらえる機会があるのなら、行動する意義は充分にあると思います。まんがは読んでもらわないと意味がないものなのです。


読み手と描き手、
一緒に存在できる即売会が、私は大好きです。
この楽しさが、どうか皆様と共有できますように^^
スポンサーサイト
「まんが屋部」について

kazumi

Author:kazumi
ここは創作オンリーイベント「COMITIA(コミティア)」内で活動する『まんが屋部』の部室を兼ねたブログサイトです。

COMITIA(コミティア)とはプロ・アマを問わず漫画描き達が自主出版した本を発表・販売する展示即売会です。オリジナル作品であれば漫画以外の表現、イラスト、小説、評論、音楽、グッズなどの販売も可能。ただしパロディ(二次創作)作品の販売はできません。

『まんが屋部』の活動目的は
“漫画家が自ら自分の作品を手売りする”ことにあります。

まだできたての部活ですが、一緒に参加してくれる漫画家を広く募集しています。
どうか宜しくお願いします。

メニュー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。